黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

ヘアカラー成分についての表記の違い

2015/04/10 09:22

アミノオルトクレゾール について調べてみました。

IMG_2592-6.jpg

アミノオルトクレゾール の毒性
皮膚や粘膜に対する強烈な刺激物質。
皮膚炎が頭皮や顔、背中等に拡大し、発熱やぜんそく発作を起こす危険性がある。
発ガン性もあり、特に光と反応して強い変異原性(突然変異をおこす作用)を示す。


同じ アミノオルトクレゾール を調べていて
こんな表記もありました。

注意点
染料のジアミンがかぶれを起こす事があるので要注意。
アルカリカラーでは毛髪にダメージがあるので髪の手入れをしっかりと。



同じヘアカラーの成分についての表記なのに
要注意】【ダメージ】という表現になると
かなり・・・・軽い表現になっている気がして
随分と印象が違います・・・。


「 いい人なんだけど・・・ 」 と 「 悪い人じゃないんだけど 」

一見、同じような表現ですが、印象はかなり違います。


ハッキリ言わない・・・
言葉を濁す・・・
オブラートに包む・・・

日本人の・・・日本語の・・・いいところでもあるのですが
曖昧で、解りにくい部分でもある・・・と思います。

欧米諸国のように、○か×か・・・
Yes か No か・・・・
白黒ハッキリさせる体質も
安全 】 に関する場面では、必要なのでは・・・と感じます。



[編集]
関連記事


忍者AdMax

気になるものは、楽天でお買い物

マイページ人気Rank

ツイッター紹介

カスタムCSS

プロフィール

kotaropunpun
そこそこ年を重ね。。。共に暮らす夫と2匹のワンコと、少しでも永く健康に楽しく過ごす為に、気になること、役に立つこと、便利なことなどを取り上げていきたいと思います。