黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

着色料・・・二酸化チタン その2

2016/03/06 13:36

以前に 一度、記事に書いたのですが・・・その後 調べたことを追記します。

二酸化チタン は、着色料 として、多くの食品、飲料、顔料、薬品、インク、プラスチック等・・・
ありとあらゆる生活用品の中に使用されているのですが・・・

IMG_1879-5.jpg

化粧品や、スキンケア製品にもたくさん使われているそうで
これからの季節、紫外線から肌を守るために、私たちが多用する
ほとんどすべての日焼け止めに、使用されているそうです。

肌を保護するために使われる製品に、健康を害する物質が多用されている・・・なんて
本末転倒もはなはだしい・・・・と思うのですが・・・。

製品に、白色性、不透明性を持たせる・・・というのが主な用途のようです。

アメリカ癌学会では
地球上で、最も発がん性を有する5つの物質 の中に
二酸化チタン を挙げているそうで
そんなものが、なぜ・・・日本では、多くのものに使用されているのか・・・。

そして・・・
いくら、個人でそれを避けようと努力しても
製品ラベルには表示されない段階での摂取・・・すなわち
ワタシたちが食する動物が、それを食べて育てられている・・・

考えれば考えるほど・・・ 怖くなってきます・・・。


[編集]
関連記事

合成着色料 赤色104号(タール色素)

2016/02/05 10:12

合成着色料 赤色104号(タール色素)について調べてみました。

赤色104号 というのは通称で、正式名称は フロキシン というそうです。

赤色104号
食品を桃色に着色することができる着色料で、タール色素に分類されます。
天然に存在しない添加物として分類されており、工業製品や、食品添加物の着色料として使用されているそうです。

でんぶ、かまぼこ、ソーセージ、和菓子などに使われているようですが・・・
発ガン性、遺伝子損傷性、変異原性、染色体異常の危険性があり、
日本以外のほとんど全ての国で使用禁止されているとのこと。



以前。。。ワタシが調べた 赤色3号 ですが、これを日本の歯科学会は、歯垢染め出し液(カラーテスター)として利用していたそうですが、染色体異常などを起こす危険性があるとして、赤色104号 に切り替えたそうです・・・・。

安全のために切り替えた・・・みたいな感じでありますが・・・・
赤色104号 自体、食品用に許可している国は ほとんどないそうです。
最近では、日本のメーカーも使用を避けている様子とのことですが、一部の企業は使用しているそうです。


調べれば調べるほど・・・ 怖くなってくるのは、ワタシだけなのでしょうか・・・。

[編集]
関連記事

着色料・・・・二酸化チタン

2015/03/12 09:06

着色料の、二酸化チタン について調べてみました。

IMG_1879-5.jpg

二酸化チタン
チタンの酸化物で、無機化合物
ワタシ達の身の回りでは、顔料や着色料、日焼け止め などに多く使われているそうです。
白色の塗料、絵の具、釉薬、顔料として用いられることが多く、人体への影響が小さいと考えられているため、食品や医薬品、化粧品の着色料(食品添加物)として利用されているそうです。



人体への影響が少ない・・・・とありますが
世界保健機関 発がん性の可能性がある と指摘しているそうです。
特に粉塵に関しては、疎水性の微粒子が肺に与える影響が懸念されているそうです。

妊娠中のマウスに酸化チタン(IV)ナノ粒子を皮下注射すると、
胎児の脳や精巣に到達し、機能低下を引き起こしたという報告もあるとのこと。


発がん性・・・・あるやん・・・・・・。
そして・・・動物実験・・・・。

IMG_1883-3.jpg

我が家に今ある製品を調べてみると・・・・
あるわあるわ・・・・・いっぱい出てきました・・・・


そんなこと言ってたら、何も使えない・・・という方もいますが
避けられるものなら・・・避けたい・・・・と
ワタシは思います・・・・。

安全な商品を探さねば・・・・・・



[編集]
関連記事

合成着色料・・・エリスロシン(赤色3号)

2015/03/04 20:44

合成着色料 の 赤色3号 を調べてみました。

IMG_1879-3.jpg
赤色3号 というのは通称で、エリスロシン というのが正式名称のようです。

赤色3号
石油系のタール色素で、熱に強く、タンパク質になじむ。
洋菓子、和菓子、焼き菓子、かまぼこ、さくらんぼ、漬物などへの使用が多いそうです。
危険度4】 とされていて、人に対する推定致死量は200~300g
発がん性のリスクがある・・・とされています。


日本では、かつて・・・ 歯垢染め出し液(カラーテスター)として利用されていたそうですが、染色体異常などを起こす危険性があるとして、日本の歯科学会は、赤色3号 を、赤色104号に切り替えたそうです・・・・。
え・・・・?
赤色104号・・・・ は、大丈夫なの・・・・?
次の機会に、また調べたいと思います。


ワタシ個人は・・・・やはり・・・・
避けれるものなら 避けたい・・・というのが本心でございます。



[編集]
関連記事

青色1号・・・は悪者? いいもの?

2015/03/03 23:26

お菓子や、飲料水などに多く含まれている
青色1号 を調べてみました。

IMG_1876-3.jpg

青色1号
ブリリアントブルーFCFは、青色に着色することのできる着色料
食用タール色素に分類される。
主に、食品添加物や工業製品の着色用として使用される。
危険性としては、発がん性が認められており、EUでは、食品添加物として認可はされているが、ベルギー、フランス、ドイツ、スエーデン、オーストリアは、国として使用を禁止しているそうです。



2004年には、コンビニ数社が、弁当類への合成着色料の不使用宣言をするなど・・・
消費者側からの意識も、10年前ぐらいから、かなり高まっているようです。

IMG_1945-1.jpg

日本では、国が認めている以上
消費者が自分で選び、注意していく意外に、方法がないんですよね・・・。

青色○号、赤色○号とか・・・・
戦隊物のようなネーミングですよね・・・



[編集]
関連記事


忍者AdMax

気になるものは、楽天でお買い物

マイページ人気Rank

ツイッター紹介

カスタムCSS

プロフィール

kotaropunpun
そこそこ年を重ね。。。共に暮らす夫と2匹のワンコと、少しでも永く健康に楽しく過ごす為に、気になること、役に立つこと、便利なことなどを取り上げていきたいと思います。